愛犬のためにドッグフードで奮闘しました

うちのダックスフントのロコ。小麦アレルギーを持っているのでドッグフードにはかなり苦労していました・・・。

市販の安価なのはほとんどが穀物が使われているので、グレインフリーいわゆる穀物不使用ドッグフードを与えています。

アカナやビィナチュラル、フィッシュ4ドッグ、ナチュラルバランスと色々なドッグフードを試してきたのですが、その中でもアレルギーの症状が出なくなり、毛艶や便の状態がとてもよくなったのがカナガンドッグフードでした。

色々なドッグフードを試してみたけど

 

穀物不使用で一番良かったのはカナガンドッグフード

カナガンドッグフードはペット先進国イギリスで大人気のドッグフードで、最近日本へ上陸してきたそうです。

私は全然知らなかったのですが、友達のブリーダーさんに相談したところおススメされたのがカナガンでした。

無名だったのでちょっと心配だったのですが、実際に試してみると今までの中で一番良かった!アレルギーの症状が無くなったのはもちろんなんですが、被毛のさわり心地も良くなったし、下痢や軟便もほとんどしなくなりました。

今まで試した穀物不使用ドッグフードでは一番良い変化を実感できています♪

調子がイイ!

 

グレインフリーってそもそも何が良いの?

愛犬がアレルギーを持っていない方だとあんまりドッグフードに関心の無い方もいいみたいです。

実際私の周りにも「ドックフードにそこまでお金をかけたくない」という声を聴きます。実は私も初めのころは市販の安いドッグフードを与えていたのですが、アレルギーが発覚してからドッグフードに気を使うようになったんです。

 

健康の基本は食事からというように、犬の食事は長生きに直結するほど重要です。

特にドッグフードのコストを下げるために市販には良く使われている小麦やトウモロコシなど穀物類は本来犬には消化しにくい食材で、与える必要が無いものだそうです。

犬は限りなく肉食に近い雑食なので、肉類の消化には強いのですが炭水化物の消化酵素が少なく、下痢や軟便、病気や胃腸に負担をかけることで老化が早くなったりします。

炭水化物は身体にあっていない

なので穀物を除いてあげるだけで犬の体調が良くなりますし、長生きにも役立つというわけです。

しかも穀物不使用のドッグフードは大抵、犬に本当に必要な栄養素や摂取したいけど取りにくい栄養素もバランスよく入っていますので、明らかに良い変化を実感できるでしょう。

 

カナガンドッグフード

 カナガンの詳細は公式サイトをチェックしてみてください

ちなみに結構うれしかったのがエサ代が思ったよりも安く済んでいることです♪

ドッグフードによって給餌量って違いますよね?

これは同じ量でもドッグフードによって摂取できる栄養量が違ってくるので、犬の1日必要栄養量を考えると給餌量に違いが出てくるからです。

kgあたりの値段は確認するけど、この給餌量を見ていない人って結構多いです。給餌量が少ないとそれだけ消費に時間がかかるので、結果的にエサ代が安くなることを見落としています。

市販品の給餌量平均は120g〜150gですが、それに対してカナガンドッグフードは90gです。1か月で計算すると1日当たりのエサ代は市販品とほぼ変わりません。

むしろ定期購入だと最低でも10%OFFなので、1日当たりのエサ代は10〜30円ほど安く済んだのはうれしい誤算でした。

 

もし穀物不使用のドッグフードに迷っているならカナガンドッグフードを試してみては?

Copyright © (穀物不使用)グレインフリードッグフード人気ランキング結果! All rights reserved